トップ > 矯正歯科治療の装置について
矯正歯科治療の装置について
矯正歯科治療に使用する装置や器具は目的によって様々な形のものがあり、歯科医によっても、患者さんの成長過程によっても、使用する装置はかなり異なってきます。下記で紹介する装置は代表的なものです。

固定式の装置

リンガルアーチ・リンガルアーチ
リンガルアーチは裏側からの矯正治療の舌側矯正(リンガル矯正)の治療に使用する装置です。裏側に装置を付けるので矯正治療をしていることが目立たずに済みます。
マルチブラケット・マルチブラケット
通常の矯正歯科治療に使われる装置です。通常はメタルブラケットを用いてますが、装着時の見た目などを考慮して、クリアブラケットやセラミックブラケットを使用するケースが増えてきています。
クワッドへリックス ・クワッドへリックス
内側に針金を付けることにより顎を拡大する装置です。

取り外しができる装置

床矯正装置 ・床矯正
床矯正とは取り外し可能な矯正装置を装着し、顎を拡げて歯を並べる矯正治療です。特に顎は小さく歯が並びきれないケースに適しています。自然に永久歯を良い歯並びに誘導する事も可能です。ただし、床矯正は補助的な矯正治療となります。床矯正のみで治すというより、通常の矯正治療と併用して治療をすることが多いです。担当の歯科医師の説明をしっかり聞いた上で治療をすることをお勧めします。
機能的顎矯正装置 ・機能的顎矯正装置
主に学童期に顎の成長をコントロールし、出っ歯や受け口を改善する装置です。主に自宅にいるときに使用する装置です。
この他にも目立たないタイプのものもあります。装置の使い方、食事や歯磨きなどについて、いろいろな指示が担当医からあると思いますが、担当医の指示には必ず従いましょう。
トップページ当センターの理念センター長紹介アクセス・診療時間メール相談
歯並びがわるいとどうなるの?不正咬合の種類装置について目立たない矯正コルチコトミー
治療期間について子供の矯正歯科について大人の矯正歯科について治療を受けるポイント
45歳からの歯の矯正費用についてサイトマップ