トップ > 歯並びが悪いとどうなるの?
歯並びが悪いとどうなるの?
歯並びが悪ければ、噛み合せも悪いので、全身の健康に大きな影響を与えます。それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。豊かな顔の表情を大切にする欧米では、健康的で整った美しい歯並びが常識になっています。一昔前の日本では、八重歯をチャームポイントとする人を多く見かけましたが、最近では、歯並びに対する日本人の考え方も、審美から健康の獲得へと変化してきています。 歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼(そしゃく)機能を取り戻し、健康な身体と心を作るための歯科治療なのです。そして治療がすめば、健全な咀嚼(そしゃく)器官とともに健康美あふれる笑顔も手に入れることができます。

矯正歯科治療をする必要があるケース

@ 噛みにくい、発音しにくいなどの機能障害があるケース
A 歯並びが悪いため、虫歯や歯周病になっているケース
B 骨格的に咬み合せがずれているケース
C 歯や顎が原因で唇が閉じにくいケース
D 審美的に問題があるケース

不正咬合が与える影響

@ 食べ物が歯の間にはさまり、歯みがきがしにくく、むし歯や歯周病になりやすい。
A 食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる。?
B 上下のあごの発育や、顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす。?
C 上あごと下あごをつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい。?
D 咀嚼筋の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて姿勢も悪くなる。
E 正しい発音がしにくくなる。 正しい発音がしにくくなる。
F 視力低下の原因になるといわれ、学力や運動能力の低下を招きやすい。
トップページ当センターの理念センター長紹介アクセス・診療時間メール相談
歯並びがわるいとどうなるの?不正咬合の種類装置について目立たない矯正コルチコトミー
治療期間について子供の矯正歯科について大人の矯正歯科について治療を受けるポイント
45歳からの歯の矯正費用についてサイトマップ