トップ >45歳からの歯の矯正治療
45歳からの歯の矯正治療
45歳は、歯列矯正の適齢期です!

子育てが終わって、ひと段落して、あるいは子供と一緒になど、今、歯の矯正を始める大人が増えてます。40〜50歳代の方の歯並びは、虫歯や歯周病などの治療を受けていたりして、矯正歯科治療をする条件としては決して良い状態とは言えません。しかし、治そうとする動機がしっかりしているため治療はスムーズにいく場合が多いことが特徴です。

歯列矯正とは、単に歯並びを奇麗にするだけではなく、長年、気になっていた口元のコンプレックスが解消して気持ちが前向きになったり、これからの人生を、自分の歯でおいしく食事できる可能性を高めてくれます。大人の矯正とは、今よりも快適な暮らしを実現するためのひとつ手段です。これからの人生に必要な体力や美しさを育てる“ウェルネス”“フィットネス”のようなものだと考えると分かりやすいと思います。もちろん、治療費や抜歯の可能性、装置を長期つける煩わしさなど歯列矯正のデメリットがありますので、じっくり判断してください。

「あなたはこれから先、笑顔の美しい女性でいたいですか?」

「80歳になってからも自分の歯でおいしく食事をしたいですか?」

40〜50代の今こそ自分の歯の将来を見直すべきタイミングのチャンスです。歯も体と同じで40年、50年使い続ければ、見た目も機能もいろいろと問題が生じてきます。一度自分の歯がどのような状況になっているかを知る良い機会です。40歳を過ぎてらから、歯ぐきがやせて歯にガタつきやズレが生じたり、歯間の隙間が広くなり、歯並びが貧相になったよに感じる人も少なくないはずです。これまで気にならなかった歯の美醜やトラブルが悪化し、矯正歯科治療を始める人も増えています。歯並びも、歳を取り、年齢が上がると歯周病などのリスクも増し、もともと歯並びの悪い人はさらに悪くなることもあります。健康維持のためにウォーキングをしたり、ジムに通う方もいますが、残念ながら歯並びはそうはいきません。これが、大人の矯正歯科治療がウェルネスのひとつとして重要な意味をもつ理由でもあります。まず、自分の歯並びの状態をキチンと知ることが、美しい、健康な歯を保つ第一歩です。

これから矯正治療を始める6つの理由

1.噛む環境が整い、歯を長持ちさせることができる。
2.歯並びのコンプレックスが解消できる。
3.自分の納得できる方法を選択できる。
4.一生つき合える歯のホームドクターを得られる。
5.咬み合せが良くなって、肩こりや不定愁訴がらくになる。
6.歯ぐきも健康になるから、口元にハリが出て表情が若々しくなる。

いくつになっても歯が動くメカニズムとは?

矯正歯科治療で歯並びが整うのは、ブラケットとワイヤーで歯を引っ張って正しい位置に整えているからと思っていませんか?歯と顎の骨の間には、“歯根膜”と呼ばれる歯根を包むクッションのような膜が存在しています。歯を移動させるために矯正力を歯に加えると歯根膜を介して歯を支える周囲の骨に、圧迫を受ける部分と引っ張られる部分が生じ、圧迫を受けた骨には吸収(破骨細胞の働き)がおこり、引っ張られた骨には新しい骨(造骨細胞の働き)が生じます。このよう組織の生理的な変化によって、歯は移動します。成熟世代は、歯が動きにくいといいますが、歯根膜が健康である限り、何歳になっても歯は動くものです。
トップページ当センターの理念センター長紹介アクセス・診療時間メール相談
歯並びがわるいとどうなるの?不正咬合の種類装置について目立たない矯正コルチコトミー
治療期間について子供の矯正歯科について大人の矯正歯科について治療を受けるポイント
45歳からの歯の矯正費用についてサイトマップ